スポーツ時に於ける膝の損傷の種類と治療

サイトマップ
e-メディカルショップホームへ
サポーターメニュー 首コルセット 肩サポーター 肘サポーター 手首サポーター 親指サポーター 指サポーター 胸サポーター
腰痛コルセット 骨盤ベルト 股関節サポーター 大腿サポーター 膝サポーター 下腿サポーター 足首サポーター インソール(靴中敷)
テーピング 暖かサポーター

関節の痛みでお悩みの方に誠心誠意、迅速な対応でコルセット、サポーターをお届けします。

ホーム > 膝サポーター> 膝の損傷

スポーツ用膝サポーター

膝サポーターホーム ザムスト/ZK−7 ハイパフォーマンス・ニー M.ACLest(マクレスト) スポーツニーガード バリアスニー DXフロントニーガード ファンクションニープロ DXジャンパーズニーガード ニーケアー・PT ニーケア・パテラ ニーフィット・パテラ オスグッド病バンド bonboneオスグッドバンド PRO180-CドクターMC PRO180-CドクターMC-F PRO190-Jエクステンション Hg80プレミアムヒンジド ニーブレイス Hg80プレミアム ニーブレイス Hg80プレミアムニー スタビライザー セルフアジャスティングニースタビライザー リーガード・リガメント5L ニーケアー・ACL ニーケアー・MCL ニーケアー・PCL ニーケアー・サポート スポーツ損傷について

一般膝痛用サポーター

ニーケアー・OA1 ファンクションニーOA ウォークアップニー405 ニーラップサマー200 アルファニーサポート スプリングニーサポート ニーフィット130 ロングニーフィット131 正座楽

その他のサポーターメニュー

首コルセット 肩サポーター 肘サポーター 手首サポーター 親指サポーター 指サポーター 胸サポーター 腰部コルセット 骨盤ベルト 股関節サポーター 大腿サポーター 膝サポーター 下腿サポーター 足首サポーター インソール(靴中敷) テーピング 発熱ウォーマー
あずま整骨院 ブログ・プロフィール カートの中身を見る

スポーツ時における膝の損傷

スポーツ損傷など
スポーツには怪我は付き物、でもスポーツがしたい、はやく復帰したい、ライバルに遅れをとる、などそれぞれ思いはありますが、そんな時少しでも膝の負担を軽減させるためにスポーツ用膝のサポーターがあります。

スポーツ時に多い怪我で膝の側副靭帯損傷前十字靭帯損傷後十字靭帯損傷半月板損傷膝蓋骨脱臼などに使用するスポーツ用の膝サポーターを集めました。


内側側副靭帯損傷

スポーツ時における膝の内側側副靭帯損傷はサッカーやラグビー、アメリカンフットボールなどで起こりやすいようです。
対戦相手に外側から激しくコンタクトされたときや不安定な体勢で急激に停止したときなどに膝の内側の靭帯を痛めます。大きな力がかかったときには靭帯が断裂することもあります。
膝の靭帯の損傷では前十字靭帯損傷とともに比較的多く見られます。
2度以上では腫れ、内出血を伴い膝の屈伸運動に痛みがあります。ひどい時には歩行なども辛いでしょう。

内側側副靭帯の損傷の治療では、十字靭帯の合併がなければ早期にギプスやサポーターの装着で治ることが多いです。けれども、合併している場合や負傷してから日にちが経っている損傷は手術が必要になります。手術は切れた靭帯を縫い合わせることや、靭帯の再建になります。

内外側副靭帯損傷にいい膝のサポーター:スポーツニーガードバリアスニーなど

前十字靭帯損傷

前十字靭帯は下腿の前方移動、前内方への回旋を防止している靭帯で、後からタックルされた時や足が固定され体を外方向に強く捻った時に伸ばされたり、断裂したりします。
女性の方は男性に比べ筋力が弱く、関節も遊びが多いため男性より発生数が多く見られます。
格闘技、バスケットボール、野球、サッカー、ラグビー、スキー、バレーボールの競技で発生しやすく、男性ではコンタクトスポーツで多く、女性では接触プレーがなくても発生します。

治療は靭帯が伸びた程度では筋力をつけることや膝のサポーターを使っての保存療法で様子を見ることになりますが、断裂した場合は手術になり、手術は切れた靭帯の再建術です。競技者や重労働の方は手術を受けるのがいいでしょう。

前十字靭帯損傷にいい膝のサポーター:マクレストバリアスニーHG80プレミアムヒンジドニーブレイスなど

半月板損傷

半月板は大腿骨と下腿骨の間に挟まれた軟骨で内側と外側ににある線維軟骨で三日月の形をしている為半月板といわれる。関節にかかる荷重のクッションと関節の円滑な動きを確保する為に存在しています。

半月板の損傷は、スポーツ時などに膝の関節に体重が載っている時に大きなひねりの力が加わると発生することが多くなります。

症状は違和感はもちろんのことですが、歩行時や関節の屈伸時の痛みや引っかかったりするロッキング現象です。これは断裂した半月板が関節の中で正常な位置から移動して引っかかる状態で、元に戻るときコクッというような音を発します。

症状にもよりますが日常生活に問題がなければ治療は保存療法でもいいですが、スポーツなどに支障があれば手術が必要となります。

半月板損傷にいい膝のサポーター:マクレストHG80プレミアムヒンジドニーブレイスバリアスニーなど

ジャンパー膝(膝蓋靭帯炎)

ジャンパー膝はよくジャンプが多いスポーツ、バスケットボールやハンドボール、バレーボールの競技でよく発生します。また、陸上競技でも多いようです。

障害の起きる部位は膝蓋骨(お皿といわれるところ)の直下、膝蓋靭帯との接合部に発生します。

原因としては太ももの前面にある、大腿四頭筋のオーバーユースによる筋肉の疲労からくる膝蓋靭帯への負担が大きくなって炎症が起こり、時によっては小さな部分断裂が発生するものと思われます。

ジャンパー膝の治療はとりあえず安静にして炎症を鎮めることです。その後ある程度痛みが引いてくれば、大腿四頭筋のストレッチを起こない、ジャンパー膝専用のサポーターやテーピングなどを用いて少しずつスポーツに復帰していきます。

ジャンパー膝にいい膝のサポーター:DXジャンパーズニーガード

オスグッド・シュラッター病

オスグッド・シュラッター病は少年期に起こりやすい症状です。ジャンパー膝と同じくジャンプをすることが多い競技や激しくダッシュするサッカーや陸上競技などにも多く発生します。

部位は下腿骨の最上部、少し膨れた部分で膝蓋靭帯の付着部(脛骨粗面)になります。少年期ではまだ成長段階のため、この部分に繰り返し刺激が加わると少しずつ突出してきます。

治療は基本的に保存療法が行われ、大腿四頭筋やハムストリング筋である後面の大腿二頭筋のストレッチ、マッサージが有効です。また、オスグッド病サポーターも効果があり重宝されます。
初期であればサポーターを使うことや入念なストレッチでスポーツも出来ます。

オスグッド・シュラッター病にいい膝のサポーター:bonboneオスグッドバンドソルボオスグッドバンド